クリヤー塗装

気に入っている新築時のサイディングの模様やデザインをそのままに塗装を行うクリヤー塗装についてご紹介します。

サイディングの塗装仕様

外壁がサイディングの場合、塗装仕様は2種類あります。1つは好きな色に塗替える仕様。もう一つは既存の模様やデザインをそのまま活かすクリヤー塗装仕様です。

 

ご自宅の外壁がサイディングの場合、塗り潰し仕様で塗装するかクリヤー仕様で塗装するか2つの選択肢があります。

塗り潰し仕様について

塗り潰し仕様で塗装する一番のメリットは自分の好きな色で塗装出来ることです。既存の外壁カラーと異なる色を選べば大きくイメージチェンジする事も可能です。

 

また、新しく色が付くのでクリヤー塗装に比べて塗装映えします。

 

建売住宅を購入したがサイディングの色やデザインがあまり気に入っていなかった方、どうせ塗るなら色を変えたいという方にはこの塗り潰し仕様がおすすめです。

塗り潰し仕様 塗装事例

クリヤー仕様について

クリヤー仕様はクリヤーの塗料を塗装するので基本的に既存のサイディングの模様やデザインそのままにコーティングされるようなイメージです。

 

視覚的な変化はありませんが艶が出ます。

 

今のサイディングデザインが気に入っている方、模様を消したくない方はこのクリヤー仕様での塗装がおすすめです。

クリヤー仕様 塗装事例

クリヤー塗装のメリット

クリヤー塗装のメリットは既存のサイディングのデザインや模様(目地)をそのままに塗装出来る事です。今のサイディングの柄が気に入っている方や新築時の外観イメージを変えずに塗装をしたい方におすすめです。

クリヤー塗装のデメリット

塗料が透明なので塗りつぶした場合に比べて塗替えた感やリフレッシュ感は劣ります。個人差もありますが塗替えによるイメージチェンジを実感しずらい方もいらっしゃいます。

クリヤー塗装を出来ないケース

塗料は色が無く透明なのでサイディングの色褪せが目立つ場合や表面に傷みがある場合はおすすめ出来ません。また、光触媒が施されたサイディングには施工出来ません。施工が可能かどうか気になる場合はお気軽にお問合せください。

新築後10年以内に

色褪せや状態によってはクリヤー塗装仕上げが出来ない場合があります。クリヤー塗装はサイディングの状態が良好な時期に早めに行う事をおすすめ致します。