龍ケ崎市 K様邸 戸建 外壁塗装


塗装前の戸建て全体写真
施工前
塗装後の戸建て全体写真
施工後

工事概要

龍ケ崎市の和風家屋の塗装工事事例の紹介です。モルタルの外壁は経年相応の退色や艶引きはあったものの壁自体はしっかりとしていました。塗装工事に併せて傷んだ部分の軒雨樋やテラスの波板交換といった細かい部分の修繕も行い、リフレッシュしました。外壁の塗料には耐久性重視のフッ素塗料を使用したこだわりの塗替え事例となります。

施工前の状況

施工中写真

外壁

高圧洗浄、下地処理後に下記写真のように下塗り塗装を行います。下塗り塗装はこれから塗装する新しい塗料と塗装面の密着性を高める役割の他に下地も調整する役割を担っています。

各所

和風の家屋は各所に木部や鉄部が多く使われています。下地処理はもちろん、鉄部にはしっかりと錆止め塗装を行います。下記写真の雨戸やシャッターは中塗り塗装後の様子です。艶が出てきましたがこの後更に上塗り塗装をしますので十分な艶が出ます。

付帯工事

塗装工事に併せて劣化した部分の軒雨樋を新しく交換しました。

テラスの波板も新しく交換してリフレッシュ。

波板の留め具も錆びないポリカ製に変更して美観性も向上しました。

ビフォーアフター

外壁、屋根の他、塗装をした各所のビフォーアフターの写真をご覧ください。写真をクリックで拡大写真になります。

外壁(モルタル)

軒裏天井

竪雨樋

軒雨樋、破風板

庇上(トタン)

カワラ棒(鉄板)

シャッター

雨戸

下屋(鉄板)

全体

 

清潔感のある白色の外壁と各所の濃茶色のコントラストでめりはりがつき、建物全体のイメージが引き締まりました。

 

明るい外壁は建物を大きく魅せる効果もあり、塗替えによる視覚的なリフレッシュ効果も得られます。