取手市 T様邸 戸建 外壁/屋根塗装


塗装前の戸建て全体写真
施工前
塗装後の戸建て全体写真
施工後

工事概要

新築後、10年若経過の時点で、初めての塗装工事をご依頼していただきました。経年相応の汚れの付着はありましたが、まだサイディングの色褪せなどといった経年劣化が目立っていなかった為、サイディングの模様を活かすクリヤー塗装を行う事になりました。外壁、屋根は耐久性重視のフッ素塗料での塗替え事例です。

施工前の状況

施工中写真

外壁

高圧洗浄後、下地処理を行い、養生(塗装しない場所を覆う)し、下塗りや中塗り塗装を行います。T様邸では今回の塗装工事に伴い、外壁のジョイントシールも新しく打替えする事になりました。

外壁ジョイントシール打替え

サイディングの竪目地に施されているシーリング材は消耗品の為、劣化状況に応じて外壁塗装と併せて新しく打替えを行います。

屋根(コロニアル)

高圧洗浄で汚れや脆くなった塗膜をしっかりと除去し、下塗り塗装を行います。

各所

軒裏天井や雨樋、帯や水切り鉄板など付帯部分のケレン、下地処理、中塗り塗装を行います。

ビフォーアフター

外壁、屋根の他、塗装をした各所のビフォーアフターの写真をご覧ください。写真をクリックで拡大写真になります。

外壁

軒裏天井

軒裏天井

軒雨樋

竪雨樋

水切り鉄板

屋根(コロニアル)

ベランダ床面トップコート

全体

外壁は、既存のサイディングの模様を活かすクリヤーの塗装を施しました。

 

一方、外壁のコーナーを濃い色にした事により、建物全体の重厚感と統一感が生まれ、とてもバランスの良い配色になりました。

 

写真では分かりずらいですが、クリヤー塗装した部分は元のサイディングの色が綺麗に生まれ変わりました。