取手市 TU様邸 戸建 外壁塗装


塗装前の戸建て全体写真
施工前
塗装後の戸建て全体写真
施工後

工事概要

新築後10年目の節にメンテナンスをご希望され塗装工事のご依頼をしていただきました。雨樋やジョイントシールの経年劣化は避けられませんが、外壁(サイディング)の状態は良好でした。外壁はあと数年様子を見ても良さそうでしたが、初回の塗装工事は早めに行う事に越した事はありません。外壁はサイディングの柄模様を活かすクリヤー塗装です。外壁塗料の艶はあえて3分艶に抑え、上品でシックな仕上がりになりました。ほぼ原状復帰色での塗替え事例となります。

施工前の状況

施工中写真

外壁

高圧洗浄後、新しく打替えする既存のジョイントシールを撤去します。下記写真は塗装しない箇所を養生してクリヤー中塗り塗装を行った後の写真になります。

外壁ジョイントシール打替え

サイディングの外壁は繋ぎ目にジョイントシールと呼ばれるシーリング材が施されています。このシーリング材は消耗品の為、外壁塗装の際に新しく打替えする事を薦めています。TU様のようにクリヤー塗装する場合は既存シール撤去→クリヤー塗装→新規シーリング材充填という順に打替えを行います。

下記の写真は既存のジョイントシールを撤去した後の様子です。古いシールが残らないようこのように綺麗に撤去します。

各所のジョイントシール打替えの写真です。左から順に施工前・施工中・施工後の写真になります。

各所

軒裏天井や雨樋、帯や水切り鉄板など付帯部分のケレン、下地処理、中塗り塗装を行います。

ビフォーアフター

外壁、屋根の他、塗装をした各所のビフォーアフターの写真をご覧ください。写真をクリックで拡大写真になります。

外壁

フッ素のクリヤー塗料で艶を抑えた「3分艶」の仕上がりです。

軒裏天井

軒雨樋

通常より艶を半分抑えた半艶仕様での塗装です。

勝手口庇

シャッターBOX

破風板

通常より艶を半分抑えた半艶仕様での塗装です。

ベランダ(FRP)トップコート

ベランダ床面の防水(FRP)層を保護するトップコート塗装も施工しました。これにより保護塗膜が形成され、防水層を守ります。

塀塗装

追加工事で塀の塗装も承りました。通常の艶を50%落とした5分艶仕上げになります。

全体

TU様邸では新築時のイメージはほぼ崩す事なく原状復旧色での塗装工事でした。

 

また使用した塗料は耐UVコートの高耐久のフッ素塗料。新築~10年以内の外壁の状態が綺麗なうちに塗装する事により本塗料の効果を発揮できます。

 

普段は艶有り仕様での塗装工事が多い中、TU様邸では施主様のこだわりであえて艶を抑える事によりいつもと違った落ち着いた雰囲気の仕上がりになりました。