塗料の種類と概要

一つの建物を塗装する際に使用する塗料は1種類ではありません。

 

外壁の塗料、屋根の塗料、軒裏天井や付帯部分(雨樋、破風板、庇、雨戸、戸袋など)の塗料は各々の仕様や下地の状態に合わせて適切な塗料で塗り分けします。

 

なかでも塗料の種類を6つの大枠に分けてご説明します。

 

アクリル塗料

アクリル塗料は、まだウレタン塗料やシリコン塗料が高価な時代によく使用されていた塗料ですが、最近の外壁リフォームでの塗装工事ではあまり使用されることはなくなりました。コストは6種類の中では一番安く、耐久性、耐候性の面でも他の5種類に比較すると劣ります。しかし現在でも新築の外壁にはよく使用される塗料でもあります。

ウレタン塗料

ウレタン塗料は、一般的な塗料でアクリル塗料と比較して耐久性、耐候性に優れています。また応用範囲も広く、耐水性や耐摩耗性の良さも活かして外壁塗料として多用されているほかに、鉄骨や鉄部などの防食用途、床用にも使用されています。また塗膜の光沢(ツヤ)感も高く、高級な仕上がり感を得られます。

シリコン塗料

シリコン塗料は、機能性とコストのバランスがとれており、6種類の塗料の中では最もコストパフォーマンスが高いといわれている塗料です。高耐候性塗料の位置づけにあり、外装用仕上げ材として一般住宅の塗り替え工事で近年需要が増加しています。耐候性に優れていることからマンションなどにもよく使用されています。

ラジカル塗料

ラジカル塗料は、塗膜の中に発生するラジカル(劣化因子)を制御する塗料の事です。塗膜は自然環境下(紫外線や水、酸素などの影響)により、ラジカルという塗膜劣化の原因となる劣化因子が発生します。ラジカルを制御する事により塗膜の劣化を抑制し、耐候性を高める事ができます。

フッ素塗料

フッ素塗料は、耐久性、耐候性などの機能性は4種類の中では最も優れています。その機能性から、そう何度も容易に塗装工事をできないビルや高層マンションをはじめ、鋼構造物用では橋梁、タンク、プラントなど長期防食の用途にも使用されています。

遮熱塗料

遮熱塗料は、太陽光線を高いレベルで反射する事により屋根や外壁の表面温度の上昇を抑える効果のある塗料です。特に夏場にその効果を発揮し、室内での体感温度が下がる事により節電効果も期待できます。