塗替えサイン

一般的に塗装時期の一つの目安として、新築後や前塗装時から10年前後に塗装工事を行うのが望ましいと言われています。しかし経過年数に満たない場合でも外壁や屋根に塗替えが必要な症状が表われる場合があります。

では塗替えサインと呼ばれる塗替えが必要なサインとはどのような症状なのか代表的な例を簡単にご説明します。ご自宅をチェックする際のご参考にお役立てください。

モルタル壁のクラック

戸建てに仮設足場、養生ネットを設置した写真

モルタルの外壁は構造上、クラック(ひび割れ)を起こしやすい為、細かいクラックが少しだけという場合は緊急性はありません。しかし経過年数とともに次第にクラックの数が目立ったり、大きくなってくると壁内部への雨水浸入の原因になり室内への雨漏れや壁内部の劣化・腐食の原因になります。


外壁の粉吹き

戸建てに仮設足場、養生ネットを設置した写真

ご自宅の外壁を手で触った事はありますか?外壁を手で触ると粉化した塗料が手に付着する現象で別名チョーキング現象とも呼ばれています。この症状が表われている場合、塗膜が本来持つ防汚性や撥水性といった効果は低下している状態にあります。


撥水性の低下

戸建てに仮設足場、養生ネットを設置した写真

特に雨の日や雨上がりにご自宅の外壁を確認するとよく分かります。撥水性が低下している外壁は水を弾けず、外壁が湿るように濡れています。この症状が見られる場合、本来外壁自体を守る塗膜がほぼ役割を果たしていない事になります。


色褪せ・退色・艶引き

戸建てに仮設足場、養生ネットを設置した写真

新築後10年前後にもなると外壁は経年劣化により色褪せや退色を起こし、建物全体の美観性を低下させてしまいます。退色症状は建物を劣化させる原因には直接繋がりませんが塗装時期の目安を視覚的に判断しやすい症状といえます。


ジョイントシールの劣化

戸建てに仮設足場、養生ネットを設置した写真

近年多く見られるサイディングの外壁に見られる症状です。サイディングとサイディングの繋ぎ目にはジョイントシールと呼ばれるシーリング材が施されています。このジョイントシールにひび割れ・端末の切れ・肉痩せといった症状が見られる場合、その隙間から雨水が浸入して外壁内部や下地材を腐食させる恐れがあります。また、状態が悪化してスカスカになるとサイディングの反りや変形の一因にもなります。


鉄部に錆が発生

戸建てに仮設足場、養生ネットを設置した写真

鉄部は他の部材に比べて強度のある性質ですがその反面、錆びによる影響を受けやすい性質も併せ持ちます。鉄部に錆が発生したら広がりやすい特徴もある上、外壁など他の部位に錆びが付着してしまい美観性も損なう結果になりますので注意して経過観察をする必要があります。


コケや藻、カビの増加

高圧洗浄で屋根を洗浄している写真

日当たりや風通しの良し悪しの環境の条件次第でどうしてもコケや藻・カビなどいった汚れの付着は避けられませんが、ご自身で気になるほど増えてくると建物全体の美観性にも悪影響を及ぼします。1階部分であればセルフ洗浄も出来ますが菌が増殖すると2階部分にまで生えてきます。

 


屋根の変色

ケレン作業している写真

太陽や雨を凌ぐ役割を果たす屋根は、紫外線や雨風の影響を最も受けやすい部位です。その為、外壁に比べ変色や退色を起こしやすく劣化しやすいといえます。特にコロニアル(化粧スレート)屋根は他の屋根材に比べてこのような症状が出やすい為、早めに塗装をする事で塗膜を形成し、傷みや劣化から守る必要があります。


塗替えサインの症状を見つけたら

塗替えサインはあくまで塗装時期が到来しているかどうかを検討する一つの目安です。しかし症状の発生場所やその程度によっては外壁や屋根の劣化速度を加速させたり余計な修繕費がかかる原因にもなります。

 

ご自宅の良好な状態を維持する為には劣化症状が出る前に塗装をすることが理想的です。